らむの株ログ

1億円チュートリアルクリアを目指す、兼業投資家!

今週のトレード(2/19-2/22)

今週の資産推移は+8.8%でした。同期間のマーケットは、日経平均は+1.6%、TOPIXは+1.4%、グロース-1.5%、米国ダウ1.3%、NASDAQ100+1.4%、Russel2000-0.7%、米10年国債利回り-0.7%と指数に対してオーバーパフォームでした。主力の銘柄が上方修正をだして、S高して資産はやや増加。日経平均は、歴史的高値へ。ここからグロースの巻き返しも期待したい。

トレード履歴

**************

2/22(木)

【L】スライス売りした分、買い

**************

2/21(水)

特になし

**************

2/20(火)

【LC】サイバーバズ

【利確】スライス売り(25銘柄)

**************

2/19(月)

【LC】日本マイクロ、レオパレス

【L】アイデミー、第一、スシロー、プログリ、エニーマインド、ヤプリ、FI、サイバーバズ

**************

反省

・NVDAの決算は無事通過して、半導体相場は継続。年始からの半導体相場にのれていないことに後悔しかない

・造船銘柄は、三井E&Sを700円で損切りしたので何もなかったと思ってます。

☑️前週比 +8.8%(前々週+1.2%)

☑️年初比 +17.4%

今週のトレード(2/12-2/16)

今週の資産推移は+1.2%でした。同期間のマーケットは、日経平均は+4.3%、TOPIXは+2.6%、グロース+6.2%、米国ダウ▲0.1%、NASDAQ100▲1.5%、Russel2000+0.9%、米10年国債利回り+2.5%と指数に対してアンダーパフォームでした。
久々のグロース週。アメリカ指数も、小型株に資金流入。決算シーズンは、終了。ポートフォリオの7割近く入れ替え。これはいけるという銘柄をいくつかみつけられたので、3ヶ月後に答え合わせをしたい。とはいえ、半導体、造船をもたないポートフォリオは厳しすぎる。もっとセクターの資金流入を意識したい。

 

トレード履歴

**************

2/16(金)

【LC】宮地、スシロー、タカトリ、日本精機

【L】日本マイクロ、レオパレスエスケーエレ、ライザ

【利確】品川、東京計器、サンウェ

**************

2/15(木)

【LC】サンリオ、山岡家、フォーラム、NCD

【L】サンリオ、アイビス、レーサム、SECカーボン、ベース、博展、スシロー、宮地、

【利確】日本電気、コメ、デクセリ

**************

2/14(水)

【LC】スシロー、コメ、SBIリー、ヤマウ、富士製薬、ナガオカ

【L】博点、NCD、UT、クリエート、

【利確】ティラド、ポート、カンロ、CCT

**************

2/13(火)

【LC】ソフトバンク、第一

【L】宮地、東洋製罐レオパレス、TOW、山岡家、フォーラム、CCT、サンウェルズ、日本精機、ナガオカ、タカトリ、東京計器

【利確】レシップ、ブレインパッド、TOWA、

**************

反省

・前半戦の決算銘柄で当たりを引けなかった。→そもそも、買うべきでなかったかもしれない。

・後半戦は、半導体の雰囲気を感じて、無理矢理にでも組み入れるべきだった。

☑️前週比 +1.2%(前々週▲2.2%)

☑️年初比 +8.6%

今週のトレード(2/5-2/9)

今週の資産推移は▲2.2%でした。同期間のマーケットは、日経平均は+2.0%、TOPIXは+0.7%、グロース+0.3%、米国ダウ+1.4%、NASDAQ100+1.2%、Russel2000▲0.7%、米10年国債利回り▲2.2%と指数に対してオーバーパフォームでした。
決算シーズンの中盤戦に突入。誤って決算を跨いでしまったアテクト、11月の好決算を判断して持ち越した富士製薬で-3%近くのパフォーマンス寄与。それ以外は、前半戦で購入した項決算はことごとく垂れてしまい損切り対応。スター銘柄をなかなか拾えずに厳しい展開。自分の手法で今回買わなければいけなかったのは、アルメディオ、伊勢化学、ジャパンエンジン、M&A総研あたりをことごとくスルーしてしまったのは敗因。残りの決算は、2日なのでそこではしっかりスター銘柄を買うところまでいきたい。

1月米雇用統計は逆ポジティブ・サプライズ。雇用者数は35.3万人増加と市場予想(18.5万人増加)を遥かに凌駕した。また平均時給は前月比+0.6%、前年比+4.5%へと再加速。インフレ沈静化の「ラスト・ワンマイル」が遠いことを印象付けた。3月FOMCにおける利下げは見送られる公算が大きい。FF金利先物が織り込む3月の利下げ確率は2割強まで低下した。雇用者数の増加が教育・ヘルスケア(+11.2万人)と政府部門(+3.6万人)という景気に敏感でない業種に集中(2/5藤代レポート)

 

日経平均の先行き12ヶ月見通しを38,000に上方修正する。景気認識や金融政策の見通しに非連続的な変化は生じていないが、企業業績拡大の確度が増したと判断した。GDP600兆円達成による資金流入と4-6月の自社株買いが後押し。(2/8藤代レポート)

日経平均が史上最高値に近づいているので、日和らずにポジションをとっていきたい。

トレード履歴

**************

2/9(金)

【LC】三菱、第一、MCJ東洋製罐

【L】東洋製罐、FL、カンロ、日本電気

【S】SBG

**************

2/8(木)

【LC】PCA、TOWA、アテクト、JIG、石塚、FPG、船場MCJ、東リ、PCA

【L】東洋製罐オルガノ、TOWA、アテクト、第一

**************

2/7(水)

【LC】ストライク、FPG、ジャパニ、トライト、三社、ミツコシ、

【L】三菱重工JIG、アテクト、カバー、東リ、コメ兵、MCJ

**************

2/6(火)

【LC】ポエック、遠藤照明第一パン

【L】ティラド、ワールド、製缶、東リ、日本電気硝子、ブレインパッド、デクセリアルズ、富士興産

**************

2/5(月)

【LC】AGS、日本マイクロ、

【L】オルガノ、ヤマウ、ミツコシ、トライト、サバワ、TOWA、岩井コスモ、長野

**************

反省

・スター銘柄を買えていない

・誤った銘柄のロットが大きい。

・寄りから高い銘柄も買ってしまった(東洋製罐、PCA、半導体関連など)

☑️前週比 ▲2.2%(前々週+3.0%)

☑️年初比 +7.4%

2024年1月投資反省

✅パフォーマンス

✅個別株トレード

【利益側】

半導体テーマには、もっとのりたかった。購入が遅すぎた。生成AIのテーマが、始まった時点でどこまで社会に浸透するのか、半導体のどの部分に特需が発生するのかなど。ここからの生成AIのテーマは、情報誌などから情報取得してその影響がある分野に投資をしていきたい。→決算が出た後買うという投資行動以外へのチャレンジ

【損失側】

損切りを浅めに実施してこまめに損切りはできた。

・相変わらずグロースで損をしている割合は大きい。

✅来月の戦略

日経平均が月次+8%上昇した後の調整があることもふまえて、強気になりすぎないようにはしたい。とはいえ、大きく調整するテーマはない(はじ?)ので、最低限のロットはもつ。

・2月は、3Qの決算が多いのであまり深入りはせず、さくっと来期も継続するような銘柄をみつけていきたい。

今週のトレード(1/29-2/2)

今週の資産推移は+3.0%でした。同期間のマーケットは、日経平均は+1.1%、TOPIXは+1.7%、グロース▲1.0%、米国ダウ+1.4%、NASDAQ100+1.2%、Russel2000▲0.7%、米10年国債利回り▲2.2%と指数に対してオーバーパフォームでした。
決算シーズン突入し、数銘柄を新規で購入。半導体のテーマは、下落、上昇を繰り返していて、難しい判断。

トレード履歴

*************

2/2(金)

【LC】石塚硝子、船場、三社電気、遠藤照明、FPG、PCA

【L】イチカワ、第一工業、日本マイクロ、神栄

【利確】アイデミー、ストライク、大阪ガス

**************

2/1(木)

【L】ポート、品川、SRE、石孵化、合同製鉄、遠藤照明、FPG、フジオーゼ、大阪ガス

**************

1/31(水)

【LC】フェロテ、ジャパニ、プラスト

【L】AGS、ストライク、船場、三社、レシップ、PCA

【利確】ソシオ、プログリ

**************

1/30(火)

【L】船場、プラスト、ジャパニアス

【利確】日本マイクロ、

**************

1/29(月)

【LC】サバワ、芝浦、サンウェ、ポエック、ジャポニ

【L】

【利確】プログリ、日創、ソフトウェアS、TOWA、コクサイ、クックビズ、ソシオ、日本マイクロ、エフコード、富士製薬、缶詰、岩井、長野、品川

**************

反省

・ソシオネクストを決算後に処分、その後大幅上昇。決算数字的には、買う数字ではなかったが、今後の動きを含めて、少量を持っておくべきだった。

M&A総研は、様子をしたらその後大幅上昇。迷ったら少量買え。

☑️前週比 +3.0%(前々週+3.6%)

☑️年初比 +9.7%

今週のトレード(1/15-1/19)

今週の資産推移は+1.5%でした。同期間のマーケットは、日経平均は+1.1%、TOPIXは+0.6%、グロース-2.3%、米国ダウ+0.7%、NASDAQ100+2.9%、Russel2000+0.4%、米10年国債利回り▲4.8%と指数に対してオーバーパフォームでした。
グロース指数は、相変わらず厳しい。全体ポジションを水曜日に大幅に減少さっせたが、木曜日のいける雰囲気でポジションを戻し。金曜日は、グロース、日経ともにプラス。サーバーワークスのアマゾンの日本への2兆円投資のニュースのおかげで大幅高。一旦ここで、3/4は利益確定。

トレード履歴

**************

1/19(金)

【L】サンウェ、プログリット、LA、三晃、レゾナック、ソフトウェア、ナガオカ

【利確】サバワ

**************

1/18(木)

【L】サバワ、PS、ポエック、Genda、エフコード

**************

1/17(水)

【LC】サンウェ、サバワ、カバー、アレントホスピス、プラスト、クックビズ

【L】レシップ

【利確】富士製薬

**************

1/16(火)

【LC】丸三、サイゼリヤ、プログリ

【L】スライス売り

【利確】サバワ、プラスト

**************

1/15(月)

【L】サイゼリヤ、プログリッド、あみやき亭、NCD、プラスト、サバワ、丸三

【LC】日経レバ

**************

☑️前週比 +1.5%(前々週+0.1%)

☑️年初比 +3.1%

今週のトレード(1/22-1/26)

今週の資産推移は+3.6%でした。同期間のマーケットは、日経平均は▲0.5%、TOPIXは▲0.6%、グロース+3.2%、米国ダウ+0.6%、NASDAQ100+0.6%、Russel2000+1.9%、米10年国債利回り+0.2%と指数に対してオーバーパフォームでした。
米市場、日本市場ともに、小型指数が強い転換になりました。半導体は、木曜日のインテル決算から崩れました。来週以降の米決算、日本決算で明暗が別れる可能性がありますが、半導体のウェイトは結構大きい(芝浦、TOWA、日本マイクロ、コクサイ、フェロー)。決算後購入した銘柄は、やや弱く厳しい展開。

トレード履歴

**************

1/26(金)

【LC】サバワ、プラスト、フェロー、日本マイクロ、ジャパニ、ポエック

【L】プログリ、コクサイ、芝浦

【利確】東洋精糖、ソシオ、アイデミー、マクビー、ポート

**************

1/25(木)

【LC】みずほ

【L】サバワ、東洋精糖、ジャパ、日本マイクロ、マクビー、ポート

**************

1/24(水)

【LC】レゾナック、あみやき亭、プラスト、芝浦、ADEKA、積水、SUMCO

【L】富士、TOWA、日創、フォロー

【S】トヨタ、みずほ

【利確】ナガオカ、エフコード

**************

1/23(火)

【LC】あみやき、サイゼリヤ

【L】サバワ、ジャパニアス、SUMCO、ADEKA、岩井コスモ、長野計器

【利確】GENDA

**************

1/22(月)

【LC】LA、プラスト、あみやき、サイゼ

【L】ソシオ、日本マイクロ、積水、芝浦

**************

反省

半導体の利確/損切の判断が遅かった。

☑️前週比 +3.6%(前々週+1.5%)

☑️年初比 +6.7%